入園案内

入園案内

さいたま市より認可を受け、令和2年4月に開園いたしました。
当法人では、「家庭的な明るい環境の中で一人ひとりを大切にし、健康で思いやりがあり、心身のバランスのとれた豊かな人間性、自主性を育てる」を目標に、職員一同、日々成長する子どもたちを見守り、楽しい保育園づくりを目指しております。

当法人の特徴として、小学校入学を意識した運動(鉄棒・なわとび等)を取り入れた楽しい遊びを行なっております。
また、法人本部の園長(小学校校長歴あり)が来園し(3~4回/年)法人独自の手作り教材を使った、読み・書き・計算を行っております。

保育に欠かせない音楽では、日本総合音楽研究の講師が月に1~2回来園し、ピアニカなどの演奏やミュージカル演技を指導していきます。
これらのことは、できることを目的としているのではなく、規律(お返事や挨拶の大切さ)、自立を目指すこと、歩く・走る・登る・跳ぶなど、乳幼児期に体験しておきたい基本的な動きを身に付けさせることを目的としております。

これらは2歳児の中期から行っておりますが、遊び感覚で行っているので、これまでに嫌がる子どもはおりません。
万が一、嫌がる子どもがいれば無理はせずに保育を行ってまいります。

一人ひとりの子どもが、それぞれ違った家庭的背景、違った気質を持ち、異なった要求を持っております。 個々の家庭と連携を密に取りながら、その子に合った関わりを持ち、家庭の子育てと就労の支援ができるよう取り組んでまいります。

入園のしおり